蒼霧屋>Karz Side>My AutoMobile>SUBARU E-GC8 Impreza WRX STi-VersionW TYPE-R

HONDA BC-NC34 SHADOW400

EK9を盗まれて意気消沈していたところ、保険がほぼ全額下りるどころか
見舞金や各種費用補助で購入金額以上の保険金が出て、むしろウハウハになって次の車探し。

本音はもう一度EK9だったが、そうそう極上のタマが有るはずもなく、
第二候補で乗ってみたかったGCインプかランエボを捜索。
しかしこちらも良いタマが無い上に金額との折り合いが付かず、何とか見つけたのがこの車。

2ドアだったり嫌いな白色だったり内装の汚損が酷かったりと、かなりの妥協をしたわけだが
二人暮らしには2ドアでも早々不便が生じるわけでもなく、内装も必死で漂白・洗浄したら綺麗になったし
なにより体感した事の無いハイパワーが最初は楽しくて楽しくてしょうがなかった。

……が、速過ぎるのが問題で、こんだけパワーあると全開走行のリスクは当然高まり神経質にならざるを得ず、
エンジンは回るしパワーも出ていて数字的な速さはあるがDOHC VTECに比べると爽快感に欠ける。
HONDA車で感じる一体感とは程遠い存在……途端に車熱が醒めてしまった。
そんなところにパンク起因のトラブルを始めとして車体のあちこちで問題が噴出。
常識的に考えてまだそれが壊れる時期じゃないだろというパーツが次々と壊れていき、
最後には街乗りでエンジンが逝くなど、スバル車に対して品質面の疑問を抱かざるを得なかった。
結果、思いつきで免許を取ったバイクの方が面白くなってきたため通勤・買い物特急となってしまう。

人生で初めて切符(しかも赤)を切られたり、上記のように走行中のトラブルに巻き込まれまくったり、
一番長い期間乗っていたけど、一番ロクな思い出が残っていない車でもある。


車両的には無駄に分厚いトルクと必要十分の域を越えているハイパワーのおかげで街乗りも楽勝。
半競技車のようなグレードなのでノーマルでも足回りがしっかりしていてブレーキも良く効く。
RAと違ってエアコンもついてるし、内装もE型なのでフォレスター同等の後期タイプで使い勝手が良い。
2ドアとはいえベースは当然4ドアボディーなので後部座席のスペースも必要十分。
何よりこのシートが素晴らしかった。
ヘルメット装着が前提のような形状だったけど固さといいホールド性といいRECAROに引けを取らない出来。
アコードの時に使っていたRECAROを移植しようと思ったが不要と判断して売り払った。
ただ、あちこち壊れまくるくせに整備性は劣悪。インマニのチヂミ塗装は剥がれまくって汚らしいし。
ハイオク仕様でハイパワーターボだが不思議と燃費は良く、平均で8km/L程度。良し悪しの範囲は5〜10km/Lだった。


最後は走行8万km強の時にウイークポイントの2番シリンダーで焼き付き発生。
購入前の4万km時にも同じ故障をしている事は分かっていて、寿命4万kmかよと呆れ果て買い替えた。




エンジン周り
FUJITSUBO Legalis R
FUJITSUBO Legalis R

 スーパーRの経年劣化に伴いマフラーの交換が必要となったが、
 買い替えを思案している状態だったので純正品の中古を捜索。
 ほぼSTi相当品といえるこのマフラーが有ったので購入。
 音量はスーパーRに比べればかなり大人しいが、
 やはり基本的にうるさいエンジンなので気を使う具合に変化は無し。
 性能的にもトップエンドのフィーリングが別物で「どんくさい」感じを受ける。
FUJITSUBO Legalis SuperR
FUJITSUBO Legalis SuperR

 購入時から装着されていたマフラー。
 かなりうるさい部類でありエンジンがそもそもうるさいので、
 早朝・夜間のアイドリングにはかなり気を使う。
 相応にヌケは良く、後日純正相当品のレガリスRに交換後は
 同じ車かと思うほどレスポンスに差を感じたほど。

 経年劣化で保安基準ギリギリの音量になったため、レガリスRに交換した。
A'PEXi POWER INTAKE FILTER
A'PEXi POWER INTAKE FILTER

 BLITZ製フィルター止めたくて、でも純正品発注するのが面倒だったので、
 近所のスーパーオートバックスに置いてあったコレを購入。
 繊維フィルターなのでレスポンスに変化が出る事も無し。
 BLITZ製のようなブースト圧の異変もなりを潜めた。

 以降、容易に手に入るコレを交換し使い続けていた。
BLITZ SUS POWER AIR FILTER
BLITZ SUS POWER AIR FILTER

 購入時についてた純正交換式エアクリ。
 こんな金網じゃ集塵性に大きな疑問が残る上に
 ブースト圧が上がりすぎていたので有無を言わせず交換した。
田畑ラヂエーター F-WIN 2層コア
田畑ラヂエーター F-WIN 2層コア

 純正ラヂエーターにヒビ割れとピンホールが発生し、
 高負荷時に冷却水漏れを起こし始めたので交換。
 純正品はアホほど高かったので、EK9でも入れてた田畑ラヂエーター製を選択。
 ストリート向けの廉価モデルだが、水量は純正よりもアップする。
 純正はサイドフローだがこちらは通常のダウンフロータイプ。
 EK9で生じていた「冷えすぎ」な症状もなく、
 何せ街乗りでしか使わないから水温は無駄に安定していた。
A'PEXi GTspec. Radiator Cap
A'PEXi GTspec. Radiator Cap

 ラジエーター交換時についでに交換。
 メーター取付でラジエーターホースを強化品に交換していたし、
 オールアルミ製になった事で他にトラブル発生の可能性は少ないと判断。

 まぁ、別にこんなの付ける必要性はなかったと思うけど。
SARD オイルキャッチタンク
SARD オイルキャッチタンク

 EJ20はブローバイの発生が酷い、と聞いて車両購入後すぐに装着。
 が、結局この車でサーキット行ったりする事は無かった上に、
 どうも形状的にオイル分離が出来ていないようで役立たずで終わった。
ZERO/SPORT クールアクション
ZERO/SPORT クールアクション

 購入時から装着されていたボンネット上のダクトからの風を
 効率良くインタークーラーに導くというアイテム。

 効果なんて知らん。
誰かの自作 ボンネットダクト防水蓋
誰かの自作 ボンネットダクト防水蓋

 インプレッサのボンネット両サイドに開いている排気用のダクト。
 純正では防水のため蓋がされていて実際排気の役を果たしていないので
 コレを付ける事で防水しつつ排気もできるという代物。
 ヤフオクで売ってたので、どこかの誰かの自作品と思われる。

 考え方は良いと思うんだが、肝心のコイツ自身の防錆がなされておらず、
 短期間で見事に錆まくり、最後には穴が開いたので捨てた。


足回り
RAY'S VOLK RACING C-ULTRA 17inch 7J+49
RAY'S VOLK RACING C-ULTRA 17inch 7J+49

 パンクでスピンしてホイールを縁石にヒットして潰してしまったため購入。
 安く上がったと思ったら付属の取り付け用スペーサーのPCDが違ったため
 スペーサー購入で無駄な出費になってしまった。

 当時、何故か3本スポークに傾倒しており、
 メチャメチャ重いのには目を瞑って見た目だけで満足していた。
 リアが微妙にはみ出るためディーラー入庫お断りを喰らったホイール。
横浜ゴム DNA S.Drive 215/45R17
横浜ゴム DNA S.Drive 215/45R17

 ST115の短寿命に嫌気がさしてDUNLOP DIREZZA Z101と安い方を買おうと
 いつものタイヤ屋に行ったらDZ101が工場欠品でしばらく入らないというので
 仕方なくこちらを選択した。結局値段も一緒だったし。

 が、どーも私は横浜タイヤと相性悪いようで、とにかく気に入らなかった。
 性格的にはあらゆる動作がヌメヌメ〜っと出てくる感じ。
 悪か無いんだろうけど……合わなかった。
FALKEN AZENIS ST115 215/45R17
FALKEN AZENIS ST115 215/45R17

 購入時についてたDNA GPが即行でパンクしたため購入。
 アコードでGRβRS tuneUと相性が良かったので、
 同社の新セカンドグレードだったコレを選択。
 前者同様に滑り出しが分かりやすく、スライドコントロールが容易で
 軽く流して走る分には非常に扱いやすいタイヤだった。
 ただし縦方向のグリップが酷く貧弱で、減りもセカンドグレードにしては早く
 利点も欠点もシリカ系らしい特徴が出ていたと思う。

 2セット使用したところで流石に低寿命に嫌気がさして変更。
SEI SPORTS PAD TYPE-CS
SEI SPORTS PAD TYPE-CS

 純正パッドで十分だったけど、減った際にお気に入りのこいつを選択。
 純正みたいなタッチとダストが簡単に落ちるのが良い。

 結局この車でサーキット行くことはなかったのでTYPE-SSで良かったかも。


外装関係
F型純正フロントバンパー
F型純正フロントバンパー

 購入時は純正のリップがついていたのだが、
 富士山で右を、四万十川で左を破損して不恰好になってしまい、
 フェンダー破損で板金屋入りする際に中古品を購入して交換した。

 最初はこのバンパーがためにF型欲しかったので、ある意味万々歳
無名台湾産 C-FRP(W)製 3D GT-WING
無名台湾産 C-FRP(W)製 3D GT-WING

 フェンダー破損で板金屋入りする際に取り付け。
 本当はF型以降の純正ウイングが欲しかったが出物がなかったので、
 ヤフオクで引っかかったコレを購入した。

 幅が狭く、翼端板も丸っこいので車検対応は検査官次第といった具合。
 ステーはハイとローの二種類が有ったが、ロータイプを常用していた。

蒼霧屋>Karz Side>My AutoMobile>SUBARU E-GC8 Impreza WRX STi-VersionW TYPE-R